交通事故事件の費用

弁護士費用特約(弁護士保険)について

最近の自動車保険には,弁護士費用特約がついているものがほとんどです。弁護士費用特約とは,弁護士費用について保険から支払われるという特約です。そのため,自動車保険に加入していれば,弁護士費用はご本人様の保険会社からおりますので,「相手方と交渉して欲しい」,「相手方保険会社の提示額が正当なものか知りたい」といったご相談も,弁護士費用をお気にすることなくご依頼頂けます。また,この特約を利用しても等級は下がりませんので,ご安心下さい。


◎ 【保険事故の範囲】

交通事故によるものであれば,自動車同士の事故だけでなく,ご相談者(被保険者)が車を運転していない場合でもご利用できます。 例えば,ご相談者(被保険者)が歩行中に車にひかれた場合などです。

◎ 【被保険者の範囲】

被保険者だけでなく,被保険者の配偶者や同居の家族なども認められます。例えば,被保険者(夫)の配偶者(妻)が交通事故に遭われた場合などです。

◎ 【補償金額】

一般的に,法律相談費用は10万円まで,訴訟費用や弁護士報酬等は300万円まで補償されます。

 

  ※ 一部保険会社では,法律相談料等が補償の対象でない場合がございます。

     予め保険会社にお問い合わせ頂くか,又は保険契約書をお持ち頂ければ,こちらで確認致します。

◎ 【ご利用の流れ】

 1.特約の補償内容をご確認ください。

 2.ご予約時に,弁護士費用特約を利用したい旨お伝え下さい。


交通事故事件の弁護士費用の具体的金額

基本的には,弁護士報酬早見表の範囲内で,事案の内容に応じて,減額致します。

(但し,示談交渉の最低着手金11万円,訴訟事件の最低着手金22万円)

 

例えば,1000万円の請求をして,裁判で1000万円認められた場合。

早見表を基準にすると,着手金59万円,報酬金118万円ですが,この場合でも,概ね,着手金20~40万円,報酬金30~80万円になることが多いです。

(但し,消費税別)